以前から日本の人は体臭はさほど持っていないと言われていましたが、近頃では様変わりしているらしいのです。
主食を魚や野菜から、欧米化した食事をするようになったことが日本人の体臭が多くなった要素の一つに挙げられています。
ぎゅうぎゅうづめの電車などで、ニオイの強い人に会ったことがきっかけで、自分は臭くないかと心配になった人もいます。
ドラックストアは、消臭を目的とした商品がかなり多く、社会全体がニオイに関心が高いことがうかがえます。
ならば、人間の体のニオイの原因は、どういうものを挙げることができるでしょうか。
体臭という言葉から、加齢臭をイメージする人がたくさんいるかもしれませんが、男女どちらにも加齢臭があることをご存知でしょうか。
その他、わきがも体臭と言って思い出しやすいものですし、足のニオイや口臭も典型的なものです。
それらだけでなく、体のニオイを変化させてしまう要因は数多くあり、食事の内容、便秘をしていること、体調不良、他にはタバコやお酒などがあります。
たくさんの人がニオイに敏感になったことにより、自分自身のニオイが心配になり対人恐怖症に陥ったという例もあります。
体臭を過度に意識しなくても良いのですが、近くにいる人を不愉快にさせないためのケアをすれば、人と会う時に堂々としていることができるようになることもあります。
自分のニオイの原因がどこにあるのかを追及し、それに合ったケアをすれば、体臭に対する問題をなくすことが可能になります。
体臭についての不安を解消することによって、身も心も元気でいることが果たせます。

アポクリン汗腺がニオイの原因?

自分自身の体臭を把握している人は少数で、大勢の人が周りの人から指摘されてやっと自分がニオイを出していることを知るようです。
汗とは、身体の温度を整えるために発せられるもので、アポクリン汗腺並びにエクリン汗腺の二箇所から出されています。
この二つの汗腺を比べると、エクリン汗腺からの汗は99%が水分で無臭のものです。
ニオイを感じる汗が分泌されるのはアポクリン汗腺によるもので、主に足や脇などの場所に密集しています。
とりわけ脇下にはアポクリン汗腺がたくさんあることと、体温が常に維持されているという空間が細菌が繁殖してしまうことが、ニオイを生じさせてしまうのです。
足は、脇の下よりはアポクリン汗腺が少ないのですが、蒸れた状態が続くことで細菌の増殖を促し、ニオイの元となるのです。
体臭に困っている人の内で、汗を出さないようにすることによりニオイが出ることを防止しようとするケースがありますが、この手法は間違いです。
汗が出るのを阻止すること以上に、清潔な汗を放出することを意識しましょう。
良質な汗というのは、細菌が増えにくい汗で、酸性であることが条件です。
運動をあまりしない人は、大した運動をしなくても汗が出てきますが、この場合はアルカリ性で細菌が増殖しやすい汗です。
汗腺を鍛えると、ベタつかない良い汗を出せるようになりますので、有酸素運動をすると共にクーラーに当たり過ぎない環境を作ってみてはいかがでしょうか。
汗がべとついているような感覚があるならば、体臭につながる悪い汗をかいているということを理解し、清潔な汗が出るよう努めましょう。